アットベリーは黒ずみを予防することができる黒ずみ専用クリームです。アットベリーは口コミでも人気となっている商品ですが、使い方を間違っている人が多いなといった印象を持ちました。

 

それもそのハズ…

アットベリーを塗れば勝手に治ると思っている方が多いんですよね。

 

それではアットベリーをいくら塗っても改善しない、または時間がかかってしまうという悪循環になってしまいます。

せっかくアットベリーを使うなら効果を発揮したいと思いますよね?

この記事ではアットベリーの効果を高める使い方の1つである「二度塗り」を紹介していきたいと思います。

 

アットベリーは黒ずみ予防ができるから二度塗りが効果的

アットベリーの効果でご存知ない人もいるかと思いますが、実はアットベリーでは黒ずみができるのを防ぐ事ができるんですよね。なぜ黒ずみの発生予防ができるのか?それは配合成分に理由がありました。

 

アットベリーには保湿成分を多く配合しています。その保湿成分が肌の表面にとどまることで、外部からの刺激を防ぐ事が出来ます。外部からの刺激を防ぐ事ができるということは、外部からの刺激によるメラニンの生成を防ぐ事ができるのです。

 

ただし、この黒ずみ予防効果って、アットベリーを二度塗りしないと意味ないなんですよね…。

一度塗っただけでは保湿として肌に浸透してしまいます。予防効果として働きてくれないわけですから、二度塗りの使い方をしてアットベリーの効果を高めてください。

 

これ以上黒ずみが出来てしまうのを防ぐことも、黒ずみケアには必要なことでもありますよ。

 

アットベリーの使い方の注意点があり!

アットベリーはオールインワンとして使用できるので使い方は簡単ですが、いくつか注意しなければいけないことがあります。これを無視して使っているとアットベリーの効果を発揮できずに残念な思いをすることになるでしょう。

 

 

アットベリーを塗った後は手のひらで温めて浸透させてください。

 

 

アットベリーは美肌熟成方式となっています。これは熱により浸透力を高めるケア方法で、塗った後には手で温めてしっかりと浸透させてあげる必要があるわけです。その後、前述した二度塗りをすることで、黒ずみへの効果を最大限に発揮することが可能です。

 

 

アットベリーは継続して使用してください。

 

アットベリーは継続した使い方をしなければ効果を発揮することは難しくなるでしょう。黒ずみはメラニン色素が排出できずに肌に溜まってしまったものを指します。黒ずみを改善するためにはメラニン色素を排出してあげる必要があるわけです。メラニン色素の排出方法としては、ターンオーバーがあります。ターンオーバーは年齢によって差がありますが、最低2ヶ月~3ヶ月必要と言われています。

その期間はアットベリーを毎日使い続ける必要があるわけです。もちろん二度塗りの使い方もしてくださいね。