アットベリーの美白効果の秘密|消臭効果は?危険な成分?高める使い方?

アットベリーの美白効果・安全性・ニオイケア効果について解説

アットベリーの効果が高すぎて白斑の副作用?危険な効果は無い?

アットベリーは脇や膝、VIOラインといった全身の黒ずみに対応した黒ずみケアクリームです。そんなアットベリーは美白クリームといった分類になり、シミ対策クリームと同じ分類になるのですが、そこで気になるのが「白斑」の副作用です。

 

白斑を知らない方に簡単に解説すると、美白効果が高すぎた為に、メラニン色素が抜けすぎて肌が白く抜けてしまう症状のことです。

 

白斑の危険性は身近にあります。

2013年にカネボウ美白化粧品という美白クリームで白斑の副作用が集団で起きた事例があります。

このように美白と白斑は隣り合わせで切っては切れない関係性なのです。

 

そんな危険な効果がある成分をアットベリーには配合しているのか?アットベリーは安全に使うことはできるのか?といった事を紹介していきます。

 

アットベリーは白斑の危険性のある成分は不使用

結論として、アットベリーは白斑の危険性がある成分は不使用で作られているという事が分かりました。

白斑は主に美白成分により起こるのですが、

  • ハイドロキノン
  • ロドデノール

といった成分は、肌がしろくまだらに抜ける「白斑」といった副作用を起こす可能性があるのです。

 

アットベリーに配合されている美白成分は「プラセンタエキス」です。プラセンタエキスは美白成分の中でも安全性が高いものとして分類される成分で、肌には穏やかに働きます。

ですので、美白効果が高すぎて白斑といった事は起きませんのでご安心ください。

 

厚生労働省のデータベースを確認してみてもプラセンタエキスで副作用が起きたといった報告はされていませんでした。

 

元々アットベリーは、敏感肌の人のために作られた化粧品ですので、危険な成分は配合していませんので、VIOラインや乳首といった黒ずみにも使えるわけです。

 

180日間返金保証でもしものときも安心に

アットベリーは無添加で作られている、白斑の危険性がある成分で作られていない、日本製といったことからも安全に使えるのですが、もしものときの為に有効になるのが返金保証です。

 

公式サイトの定期コースでアットベリーを購入すると、180日間全額返金保証付きで購入することが可能です。

購入後180日間以内なら使い切っても対象となりますし、返金保証を使用する場合は斜視などの提出も必要ありません。

 

これからアットベリーを買おうと思っている方は返金保証付きで購入することを強くおすすめします。

 

 

アットベリーの効果を高める使い方は二度塗り!使用方法の注意点まとめ

アットベリーは黒ずみを予防することができる黒ずみ専用クリームです。アットベリーは口コミでも人気となっている商品ですが、使い方を間違っている人が多いなといった印象を持ちました。

 

それもそのハズ…

アットベリーを塗れば勝手に治ると思っている方が多いんですよね。

 

それではアットベリーをいくら塗っても改善しない、または時間がかかってしまうという悪循環になってしまいます。

せっかくアットベリーを使うなら効果を発揮したいと思いますよね?

この記事ではアットベリーの効果を高める使い方の1つである「二度塗り」を紹介していきたいと思います。

 

アットベリーは黒ずみ予防ができるから二度塗りが効果的

アットベリーの効果でご存知ない人もいるかと思いますが、実はアットベリーでは黒ずみができるのを防ぐ事ができるんですよね。なぜ黒ずみの発生予防ができるのか?それは配合成分に理由がありました。

 

アットベリーには保湿成分を多く配合しています。その保湿成分が肌の表面にとどまることで、外部からの刺激を防ぐ事が出来ます。外部からの刺激を防ぐ事ができるということは、外部からの刺激によるメラニンの生成を防ぐ事ができるのです。

 

ただし、この黒ずみ予防効果って、アットベリーを二度塗りしないと意味ないなんですよね…。

一度塗っただけでは保湿として肌に浸透してしまいます。予防効果として働きてくれないわけですから、二度塗りの使い方をしてアットベリーの効果を高めてください。

 

これ以上黒ずみが出来てしまうのを防ぐことも、黒ずみケアには必要なことでもありますよ。

 

アットベリーの使い方の注意点があり!

アットベリーはオールインワンとして使用できるので使い方は簡単ですが、いくつか注意しなければいけないことがあります。これを無視して使っているとアットベリーの効果を発揮できずに残念な思いをすることになるでしょう。

 

 

アットベリーを塗った後は手のひらで温めて浸透させてください。

 

 

アットベリーは美肌熟成方式となっています。これは熱により浸透力を高めるケア方法で、塗った後には手で温めてしっかりと浸透させてあげる必要があるわけです。その後、前述した二度塗りをすることで、黒ずみへの効果を最大限に発揮することが可能です。

 

 

アットベリーは継続して使用してください。

 

アットベリーは継続した使い方をしなければ効果を発揮することは難しくなるでしょう。黒ずみはメラニン色素が排出できずに肌に溜まってしまったものを指します。黒ずみを改善するためにはメラニン色素を排出してあげる必要があるわけです。メラニン色素の排出方法としては、ターンオーバーがあります。ターンオーバーは年齢によって差がありますが、最低2ヶ月~3ヶ月必要と言われています。

その期間はアットベリーを毎日使い続ける必要があるわけです。もちろん二度塗りの使い方もしてくださいね。

 

黒ずみ用のアットベリーはシミにも効果あり?低刺激で顔にも使えます

アットベリー黒ずみ予防ができるクリームです。

  • 黒ずみ
  • シミ

似ていると思いませんか?実は黒ずみとシミはどちらも発生源は同じなのです。ならアットベリーは黒ずみ用だけどシミにも効果的なの?って気になりますよね。黒ずみもシミも一度にケアできたらお得感ありますよね!

アットベリーはシミにも効果的に働くのかといった事を調べてみました。

 

アットベリーはメラニン色素による黒ずみを予防

 

アットベリーが黒ずみに効果的な理由は、メラニン色素に関係しています。黒ずみの原因はメラニン色素が肌に色素沈着してしまった事が原因です。そのメラニン色素を排出する必要があるのですが、シミもメラニン色素の色素沈着が原因ですので、アットベリーはシミにも効果的に働くということが分かります。

 

結論としては、アットベリーはシミにも効果的に働く!

 

アットベリーは低刺激だから全身に使える

 

アットベリーって黒ずみケアクリームですから、脇や膝といった部位への使用がメインだと思われますが、アットベリーは全身に使うことが可能です。

シミにお悩みの方は顔がメインかと思いますが、もちろんアットベリーは顔にも使用することが可能です。

他にもVIOラインや乳首といった全身に使用することができるので、どんなシミにも対応できるといっても過言ではありません。(VIOラインは粘膜部分には使用できません)

 

アットベリーがなぜ全身に使用できるのかと言いますと、低刺激に作られている事に理由があります。アットベリーは元々敏感肌の人向けに開発されたものということもあるのですが、アットベリーは7つの無添加素材で作られています。

 

  • 着色料
  • シリコン
  • 界面活性剤
  • 刺激線吸収剤
  • 鉱物油
  • アルコール
  • パラベン

 

といった添加物を一切配合していないので、顔にも安心して使用することができるかと思いますよ。

顔はデリケートな部位でもありますのでシミ専用の商品を買いたいと思いがちですが、アットベリーも刺激が少なく緩やかに効果が働きますので、使用してみてもいいかもしれません。

 

もしも、アットベリーの安全性が心配でしたら、公式サイトの180日間返金保証付きで購入してみてもいいかもしれません。

アットベリーが肌に合わずに肌荒れや炎症を起こした場合、購入後180日間以内なら返金してもらえる制度です。180日間という余裕もありますので、ゆっくりと安全性を見極めることが出来ます。

180日間返金保証は公式サイト限定の特典ですので購入の際はご注意ください。